コレウスフォルスコリは飲むだけで痩せる?

コレウスフォルスコリとは、インドやネパールあたりに生えているシソ科の植物なんですが、最近ではサプリメントとして市販されています。
有名なのはDHCの「フォースコリー」。

フォルスコリとフォースコリー。
言い方がちょっと違うけど、同じものです。

商品名を「フォルスコリ」にしたら、検索した時に自分の製品が検索結果に埋もれてしまうから敢えて「フォースコリー」にしたのかなとか想像してます。

ちょっと前はしょっちゅうCMやってましたが、これ飲んだら痩せるんでしょうか?
その辺のことを調べてみました。

コレウスフォルスコリとは

さっきも書いた通り、コレウスフォルスコリ(Coleus forskohlii)はインドやネパールに生えている植物(ハーブ)です。
インドといえば伝統医学の「アーユルヴェーダ」ですよね。
インド人にとっては大昔から活用されていたと言うわけです。
一般家庭でもフォルスコリの根っこをピクルスにして、普通に食べられています。

もちろん現代の世の中で出回っているのは、自生しているを取ってきたやつじゃなくて、畑で栽培されたものです。
その辺に生えているのを、いちいち取ってくる訳にはいかないですからね。

アーユルベーダでは心臓や肺の病気の治療や、滋養強壮のために用いられていました。
血管を拡張する働きもあり、その結果血圧が下がる効果もあります。

根っこの部分に有効成分が含まれているらしく、その成分が「フォルスコリン」。
推奨摂取量は1日250~500mgです。

スポンサーリンク

コレウスフォルスコリの効果

  • アデニル酸シクラーゼを活性化させ、脂肪を分解する
  • 糖質の吸収を抑え、太りにくくする

ついでに緑内障予防の効果があるそうです。
緑内障とは視神経に障害が起き、見える範囲がだんだん狭くなっていって、最悪失明するという怖い病気ですが、フォルスコリが気になっている人はダイエットに効果があるかどうか以外はあまり興味ないですよね。

さて、コレウスフォルスコリのメインの効果である脂肪分解ですが、アデニル酸シクラーゼとか言われてもよく分からないと思います。

そもそも、脂肪がエネルギーとして使われる(代謝される)プロセスは次の3つの段階があります。

  • 分解
  • 運搬
  • 燃焼

コレウスフォルスコリに含まれるフォルスコリンはこの内、「分解」を助けます。

通常の脂肪の分解を更に詳しく見てみると、

  1. 運動などの刺激がある
  2. 交感神経よりアドレナリンやノルアドレナリン等の「カテコールアミン」が分泌される
  3. カテコールアミンが白色脂肪細胞にあるベータ3受容体に刺激を与え、酵素の一種であるアデニル酸シクラーゼが活性化
  4. アデニル酸シクラーゼがサイクリックAMPを合成し、リパーゼが活性化することで脂肪が脂肪酸に分解される

ところが、フォルスコリンはアドレナリンやノルアドレナリン等のカテコールアミンとかのプロセスをすっ飛ばして、ベータ3受容体に直接刺激を与えることが出来ます。

と言うことは、カテコールアミンを分泌させるための運動が必要ないってことです。

また、腸内で糖質の吸収を抑制する効果も。
食べたものが脂肪になる最大の要因は「糖質」ですからね。
糖質さえ取らなければ太ることはありません。

つまり、フォルスコリの糖質カット効果により、これ以上太るのをストップ!
脂肪分解効果により、すでに付いてしまっている脂肪を減らす!

と言うダブルの効果が期待できます。

コレウスフォルスコリの副作用

効果があるものには副作用がつきものですよね。
コレウスフォルスコリの副作用はないんでしょうか?

フォルスコリに限らず天然の植物で、薬じゃなくて食品なので副作用がないとかよく言いますけど、あれもあんまり信用できませんね。
天然の植物でも毒があるやつもあれば、薬の原料になるようなものもあり、そういうのは副作用があるはずです。

フォルスコリは、副作用なのかどうか分かりませんが、フォルスコリを含むサプリを食べたら下痢になったりお腹が痛くなったりしたと言う人がいるようです。
体質的に合わなかったと言うことでしょうけど、そんな症状が出たら飲むのは辞めたほうが良さそうです。

他には、血管を拡張させることによって、血圧を下げる働きがあります。
普段から低血圧の人は、めまいや動悸がする場合があります。

こんな人におすすめ

  • ダイエットのために、あまり運動を頑張れない人

コレウスフォルスコリの効果から、こんな人におすすめできるサプリメントだと言えます。

でも、飲むだけで痩せるようなイメージがあるコレウスフォルスコリのサプリですが、やっぱりそんな甘いモノでもなさそうです。

飲んだだけでは痩せない!

やっぱり飲むだけで痩せたって人、あんまりいないみたいです。

先ほどの体脂肪が消費されるプロセスで

  • 分解
  • 運搬
  • 燃焼

があり、コレウスフォルスコリはこの内の「分解」に効果があると説明しました。
この効果が本物だとしても、運搬と燃焼のプロセスがうまくいかないと、せっかく分解して脂肪酸になった脂肪も、また元の脂肪に戻ってしまいます。

このため、多少の運動はやっぱり必要ってことになりますね。

ちなみに「運搬」を補助するサプリはL-カルニチン。
「燃焼」を補助するサプリガルシニアなどに含まれる「HCA」などがあります。

DHCのサプリ「フォースコリー」で南海キャンディーズの山里さんがダイエットに成功していますが、あれも飲んだだけで痩せたわけじゃないです。
朝、昼の1日2回をDHC「プロテインダイエット」に置き換えるという、結構な食事制限もしてたみたいです。

正直、フォースコリーよりもプロテインダイエットによる置き換えによる効果がほとんどなんじゃないか?って気がします。
体重を落とすのに一番有効なのは食事制限ですからね。
フォースコリー飲んでなくても、置き換えだけで痩せるはずです。

まとめ

やっぱりコレウスフォルスコリにも、飲んだだけで劇的に痩せるような魔法はかかっていないみたいです。
食事制限と適度な運動で、「痩せる生活の基盤」を整えた上で、コレウスフォルスコリを摂ると良いかと思います。

あくまでサプリメントは補助的に、痩せる速度を加速させるための起爆剤と言うイメージですね。

食事と運動はそのままで、フォルスコリを飲むだけだと、良くても「現状維持」ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする