えのきダイエットに副作用とかはあるんだろうか?

えのきダイエットを始めよう!と思ったものの、エノキばっかり食べて大丈夫?って気になりませんか?
えのきダイエットに副作用とかないか、一応調べてから始めても遅くはないように思います。

一通り調べてみて分かったことは…

ダイエットのためにえのきをたくさん食べても副作用はありません。

まあ、そうですよね。
ただのえのきですもんね。

まあ、いくつか分かったこともあるので一応紹介しておきます。

えのきの副作用で下痢になる?

えのきを食べ過ぎたら下痢になったり、便がゆるくなってしまう場合があります。
これは手持ちの資料にも書いてあって、体質によってはなってしまうんですね。

でも、大抵の場合は体がえのきの頑丈な食物繊維(キノコキトサン)に慣れていないからで、数日すれば治るようです。

下痢になった場合は、エノキの量を減らしてみて様子を見ましょう。
1日のえのきの量を25gほどに減らせば問題ないと思います。

慣れてきたら徐々にえのきを増やして、1日100~150g位食べておけば効果的です。

最低でも1週間位は続けてみてください。
最初を乗り越えたら、体調も良くなるかもしれないのに、ちょっと下痢になったくらいでやめてしまったらもったいないですよ。

スポンサーリンク

えのきの副作用で便秘になる?

調べてたら、下痢とは逆にえのきで便秘になるケースも有るんだとか。

え?下痢と便秘って真逆の症状じゃないですか。
なんでそんなことになるんでしょうか。

えのきの食物繊維は不溶性食物繊維です。
不溶性とは、水に溶けないということで、水溶性食物繊維の逆の性質ですね。
難溶性食物繊維とか、非水溶性食物繊維と言う場合もあります。

水に溶けない上に、腸の中で周辺の水分を吸って膨らみます。
膨らんで大きくなることによって、腸の蠕動運動を促し、便秘が解消するんです。
そう、普通は便秘が解消するんです。

でも、腸内の水分が少ない状態だったら?
水分を吸ってふくらんだ食物繊維は、水分の少ない腸内を移動しづらくなります。
腸が一生懸命蠕動運動しても、動いてくれないんです。

そして便秘になります。

これを防ぐためには、水溶性の食物繊維も一緒に摂るか、単純に水を多めに飲んでもOKです。
水は体を冷やして良くない場合もあるので、白湯とか温かいお茶だとさらにいいですね。

不溶性食物繊維は取り方を間違えたら便秘にも下痢にもなるなんて、ちょっとやっかいですね。

えのきに多く含まれるカリウムの過剰摂取で不調になる?

ネットで調べてたら、エノキはカリウムが多いので、高カリウム血症に注意しましょう、みたいなことが書いてました。

高カリウム血症?
初めて聞いたわ。

カリウムの過剰摂取などで、血中カリウム濃度が上がりすぎた時に起こる症状で、ひどい場合は死んじゃうらしいです。

それは怖い!

エノキ100語りに含まれるカリウムは340mg

厚生労働省が2010年に出した、カリウムの摂取量の目安は

男性 2500mg/日
女性 2000mg/日

だそうです。

つまり、女性の場合でも1日に600g位食べないと目安量に届かない事になります。
流石に600gも食べませんよね?

しかも、この量摂ったらヤバイ、じゃなくて、この量以上摂ったほうが良いよ、と言う目安です。
カリウムは人体にとって必須のミネラルであり、不足しがちな栄養素。

しかも過剰に摂取した分は、健康な人であれば腎臓がうまい事処理してくれて、自然に排出されるため害にはなりません。
エノキを食べて高カリウム血症になるのは、かなり特殊な状況と考えられますので、ダイエットや健康のためにえのきを食べることに関しては、特に気にする必要はありません。

ということで、えのきは控えるどころか積極的に食べたほうがいい、と言って良いでしょう。

まとめ

えのきは好きなだけ食べても問題なし。
副作用は特にありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする