酵素ドリンクとはそもそも何なの?飲んだら痩せるの?

juice

ダイエット関連の調べ事をしてたら、しょっちゅう出てくる「酵素ドリンク」。
なんとなく、酵素が入った飲み物なんだろうなってのは分かりますが、その正体を正しく理解しているでしょうか?
そもそも、酵素って何なのか知っている人はあんまりいないんじゃないかと思います。

今回は、酵素ドリンクってそもそも何なのかという話をしてみたいと思います。

酵素ドリンクとは

酵素ドリンクとは野菜や果物などを砂糖漬けにして、熟成発酵してできた液体をろ過したものです。

発酵の過程で、酵母(こうぼ)が酵素を作り、その酵素がドリンクの中に含まれているというわけ。

じゃあ、その酵素って何?と言うと、タンパク質の一種です。

  • 消化酵素
  • 代謝酵素

などがあり、消化や代謝などの体内で起こる化学反応を促進します。

酵素が生きてるとか死んでるとかいう表現をすることもありますが、酵素はタンパク質であって菌や最近とかの生物(微生物)ではないので、本当はこういう言い方は正しくありません。
「活性」とか「失活」とか言う方が正しいっぽいです。

酵素は、構成しているタンパク質の立体構造が重要らしいんですが、割とデリケートなので熱とかによってその形が壊れてしまう事があります。
そうなると、その酵素が持つ化学反応を促進する作用が失われる、つまり「失活」するということです。

この「消化酵素」と「代謝酵素」ですが、一生のうちに作ることが出来る量が遺伝子によって決まっています。
それを「潜在酵素」と呼びます。

酵素がなければ人間は生きていけないので、出来れば酵素を節約したいですよね。
そこで登場するのが「酵素ドリンク」です。
酵素ドリンクには酵素がたっぷり含まれていて、「消化酵素」「代謝酵素」を補給することが出来ま…

出来ません!

「消化酵素」「代謝酵素」は体内で作るものなので、これを直接補給するということは出来ないっぽいです。
では、酵素ドリンクで何が補給できるかというと

  • 食物酵素

です。

食べ物,例えばバナナとかには食物酵素が含まれています。
バナナの皮は最初は緑色で身も固いですよね。
でもだんだん熟してきて黄色くなって、柔らかくなって食べごろになります。
これが食物酵素の働きによるものです。

バナナに含まれる食物酵素が、バナナ自身を消化している、と捉えることも出来ますね。
つまり、食物酵素を多く含む食べ物を食べると、その食物酵素によって消化が進むため、自分の体から分泌する消化酵素を節約できるという寸法です。

このバナナの例と同じように、酵素ドリンクに含まれる酵素が、自分で作る消化酵素の節約に貢献してくれるといわけですね。

スポンサーリンク

酵素ドリンクを飲めば痩せる?

酵素ドリンクは健康のために飲む人もいますが、ダイエット向けとして市販されているのがほとんどです。
酵素ドリンクって痩せるんでしょうか?

結論から言うと、酵素ドリンク自体に痩せる効果はありません。

でも、使い方次第では痩せますし、痩せやすい体質に近づけることも可能です。

どういう事かというと、酵素ドリンクをダイエットに使う場合の使い方は「置き換え」だからです。

多くの人は1日3回食事しますよね。
その3回の食事の内、朝、昼、晩のどれかを食べずに酵素ドリンクに置き換えます。
気合に入った人は朝と晩、など2回置き換えることも。

そうすると、単純に

食べる量が減る = 摂取エネルギーが減る

ということになり、痩せていくというのは誰でも理解できるはずです。

ダイエットで体重を落とすのに最も簡単なのが、食事を制限して摂取エネルギーを減らすことですからね。
運動して消費エネルギーを増やすよりも、摂取エネルギーを減らすほうが効率的です。

そう、酵素ドリンクを使ったダイエットは「食事制限によるダイエット」の一種と言うわけです。

酵素ドリンクじゃなくても良いんじゃ…?

置き換えによる摂取エネルギーの削減で痩せるという理屈なら、わざわざ高い酵素ドリンクを使わなくても良さそうに思いますよね。
別にお茶でも飲んで空腹を紛らわせとけばいい話です。

そこでよく登場する話が、「酵素ドリンクで満腹感が感じられるため、置き換えが辛くない!」と言うもの。
酵素ドリンクは1食分で原液30mlくらいに対して、水120ml程度。
合計で1杯150mlくらいです。
コップ1杯弱くらい。

困難で満腹感感じられるか?って正直疑問ですよね。

飲んだ人の意見をいろいろ調べたところ、そんなに期待出来るほどの満腹感は得られないっぽいです。
同じ量の水を飲んだ時と同じか、ちょっとマシか、と言うレベル。

炭酸水で割るとより満腹感が感じられますが、当たり前ですよね。
炭酸で腹が膨れているだけです。
酵素ドリンクを入れずに炭酸水だけ飲んでも同じことです。
なんだったら、ゼロカロリーのコーラを飲んだって良い。

と、あんまり酵素ドリンクをディスっても仕方ないですね。
良いところもあります。

置き換えによって食べる量が減ると、体内で分泌される消化酵素は当然少なくて済むわけです。
消化酵素を作らなくていい分、代謝酵素を多めに作ることが出来ます。

さらに、酵素ドリンクに含まれている食物酵素により、さらに消化酵素の分泌量は少なくて済みます。

ということで、酵素の生産能力に余裕ができるため、代謝酵素をたっぷり作ることが出来て、体の代謝アップなど、痩せやすい体質に持っていくことが出来ます。

酵素ドリンクを飲む最大の利点はこれですね。

ただ、この理屈も正しいかどうか、怪しいもんです。
正しいかもしれないし、酵素ドリンクを売るためのただのセールストークかもしれない!

自分で作れるの?

sugar_solt

酵素ドリンクというとベルタ酵素とかの市販品が頭に浮かびますが、自分でも作れます。

例えばりんごを材料にする場合、ざっくりとした手順は次のようなものです。

  • りんご1と砂糖1.1の割合で材料を用意する。
  • りんごを小さく切る
  • プラスチックかガラスなどの透明な容器に砂糖→りんご→砂糖→りんごとひたすら交互に入れる。最後は砂糖でフタをするようにかぶせる。
  • 日光が当たらない暖かい場所(36度がベスト)に放置。容器は密封しない。
  • 毎日2回素手でかき混ぜる(手についた菌が発酵を促してくれる)
  • 発酵が進むと、材料が浮いて泡立ってくる。1~2週間位様子を見て全体に泡が出るようになったら完成。
  • ざるで濾して不純物を取り除く
  • 完成!

とまあ、結構面倒ですね。
市販品みたいに何十種類もの野菜や果物を使うのも難しいですし、熟成させる期間も全然違います。
こちらは1,2週間、市販品は年単位。
やっぱり市販品の酵素ドリンクが高品質なんですね。

高いだけあるわー。

痩せたいだけの人はわざわざ作る必要もないです。
作りたい人が作る、趣味の領域じゃないでしょうか。

まとめ

「酵素ドリンクで痩せて満足」って人もいれば、「あんなので痩せないよ。詐欺だよ。」って人もいます。
正直何が正しいのか、分からない状態ですが、置き換えに使って摂取エネルギーを減らせば、痩せるのは間違いないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする