食欲抑制系のダイエットサプリ | 脳を騙して満腹感!

bamukuhen

食欲を感じなければ我慢する必要がない

ダイエットで何が大変かと言うと、「食欲との戦い」ですよね。
だってお腹が空いたらツライですから。

ダイエットの原理として、日常で消費するエネルギーよりも、食事で摂取するエネルギーが下回れば嫌でも痩せます。
つまり、食欲との戦いに勝利すればダイエットは成功したも同然です。

その食欲との戦いをサポートしてくれるのが「食欲抑制系のダイエットサプリメント」です。
食欲抑制系のサプリを飲むと、「食べたい!」と言う気持ちを鎮めることが出来ます。

すると、そんなに食べなくても満足出来、今まで食べ過ぎだった人は適正量の食事に戻すことが可能となります。
適度な量の食事を続けていれば、普通は徐々に痩せていきます。

我慢し過ぎるとストレスで爆発→ドカ食い→リバウンド
となるパターンが非常に多いです。
サプリメントを利用して、あまり我慢せずに食事量を減らしていくのが賢いやり方ですね。

胃の大きさもだんだん小さくなるので、次第にサプリメントなしでも適量で満足できるようになります。

スポンサーリンク

食欲抑制系のサプリメントの特徴 | 交感神経が興奮していると食欲を感じにくくなる

一体どういう仕組で食欲を抑制するのかが気になりますよね。
実は脳にアプローチして食欲を抑えているんです。

交感神経や副交感神経って聞いたことありますよね。

交感神経が活発な時は、活動的なとき、緊張している時、ストレスを感じている時です。
副交感神経が活発な時は、リラックスしている時、寝ている時です。

そして、交感神経が活発に働いている時は、空腹感を感じにくくなります。
言われてみれば、緊張している時にお腹が空いたなんて思いませんよね。
緊張してる時に、ご飯のことなんか考えてる余裕はないと言うことです。

また、ストレスの溜まる生活を続けてたらげっそりしてしまいますが、これも交感神経が活発な状態が続いているので、食欲がなくなっているということ。

そう、交感神経が働いていれば、食欲が抑えられて痩せることが出来るというわけです。

食欲抑制薬 サノレックス(マジンドール)

「恋愛ホルモン」等ともよばれる、「PEA(フェネチルアミン)」と言うホルモンがあります。
恋をしているとこのPEAが分泌され、交感神経が刺激されます。
交感神経が刺激されると食欲がなくなるのは先ほど説明しましたよね。

つまり、「恋をしていると胸がいっぱいで食事も喉を通らない」状態
になるってことです。
これは、例えじゃなくて本当にそうだったんですね。

痩せたければ恋をすればいい。
でも、そんな都合よくイイヒトが現れてくれるわけでもないので、医療の現場ではPEAが使われている薬が使用されています。

交感神経に働きかける医薬品に「サノレックス(マジンドール)」と言うのがあり、これにもそのPEAが使用されています。
これは医師の処方がなければ入手できないんですが、肥満の治療に使用されています。

医薬品だけあって効果は強いんですが、結構副作用も強いようです。
うつ病っぽくなったり、頭がボーっとしたり、便秘になったり。

痩せたら嬉しいですが、副作用はちょっと怖いですね。
医師の処方が必要なので、その辺で買うことも出来ないので、手軽じゃないですし。

サプリメントでは、もうちょっと効き目もマイルドですが、副作用も軽くなります。
いきなり薬に頼るんじゃなくて、まずはサプリメントから試してみるのがよさそうです。

交感神経に働きかけるタイプのサプリメント

交感神経に働きかけるタイプの食欲抑制系ダイエットサプリですが、海外製のものが多いように思います。
アメリカとかは、サプリメントが日本より発達してますからね。
アメリカ製のサプリとか、なんかすごく効きそうなイメージがあります。

  • BBXダイエットサプリメント
  • ファーミア・スリム
  • アクチタイム
  • ザントレックス3
  • リポドリン
  • アーユスリム

ざっと調べたところ、こう言った銘柄が見つかりましたが、入手方法が個人輸入とかになって、ちょっと敷居が高い気がします。

さらに、アメリカのダイエットサプリを服用したことによる死亡例がかなりあるみたいです。
規定量を超えて服用したことが原因の場合が多いみたいですが、恐ろしいですね。

痩せるためには命まで張らなきゃならんのか…

というわけで、日本で売られているサプリを探してみました。

レプチンの分泌を促す食欲抑制サプリ「まんぷくスリム」

食べなければ痩せる。

子供でも分かるような単純なことですが、それを実行するのは全然簡単なことじゃないですよね。
過去にダイエットを試みたことのあるあなたなら分かるはずです。

「まんぷくスリム」はつらいはずの食事制限をサポートしてくれます。

その仕組を簡単に言うと、脳を騙して満腹だと思わせる、と言うものです。
実際はそんなに食べてないのに、脳が満腹だという指令を発すると、それ以上食べることができなくなります。

結果的に食べる量が減り、減量が成功するというわけです!

その秘密は「酵母ペプチドDNF-10」という酵母。
この酵母ペプチドDNF-10は満腹感を脳に伝えるホルモン「レプチン」を増やし、空腹感を脳に伝えるホルモン「グレリン」を減少させる働きがあります。

つまり、酵母ペプチドDNF-10が脳をうまい事騙して、「お腹いっぱい」になるってわけですね。

まんぷくスリムには、酵母ペプチドDNF-10だけじゃなく、他にも食物繊維の一種「グルコマンナン」も入っています。
グルコマンナンは、お腹の中で膨らんで、実際にお腹の中を満たすことで空腹感をなくします。

今すぐ痩せたい!まんぷくスリムで置き換えダイエット

今すぐ痩せたい!って人は、まんぷくスリムを使った置き換えダイエットも出来ます。

方法は食事の代わりにまんぷくスリムを3~4粒飲むだけ。

置き換えダイエットは、グリーンスムージーや酵素ドリンクが人気ありますよね。
グリーンスムージーの粉末を水で溶かすだけ、とか酵素ドリンクの原液を水で割るとか、十分簡単で手軽ですが、まんぷくスリムはサプリメントを飲むだけ。
この上なく簡単です。

世界で一番手間の掛からない置き換えダイエットかも知れません。

まんぷくスリムの購入、詳細はこちら↓↓↓

食べてないのにお腹いっぱい!?話題のまんぷくスリムはこちら

食物繊維でとにかくお腹を膨らませる力技サプリ「デドっとこんにゃクリーン」

食欲抑制系のサプリでは脳の交感神経に作用するタイプが多いですが、違うタイプも紹介します。
脳に働きかけると言うのが、なんか不安という方はこのタイプがいいんじゃないでしょうか。

「デドっとこんにゃクリーン」は食物繊維の一種「グルコマンナン」がメインのサプリメント。
さっきのまんぷくスリムにもグルコマンナンは入ってますが、デドっとこんにゃクリーンはグルコマンナンでお腹を膨らませると言う強引な方法で勝負するという潔さ。

脳を騙したりする小細工は一切無しです。
力技です。

こういうの、分かりやすくてなんか良いですね。
私は好きです。

デドっとこんにゃクリーンに入っている、こんにゃく由来の食物繊維「グルコマンナン」はお腹の中で水分を吸うと17倍に膨らみます。
元はこんにゃくなので安全性も高いので安心ですね。

グルコマンナン自体が食物繊維なので、日頃の食物繊維不足解消にもなります。
食物繊維は積極的に摂ったほうが良いですから。

実際にお腹を膨らませて満腹感を与えるので、食欲抑制系とはちょっと違うかもしれませんが、結果的に食べる量が減るので結果的には同じことです。

デドっとこんにゃクリーンの購入、詳細はこちら↓↓↓

デドっとこんにゃクリーン

まとめ

ダイエットで最重要項目は、やはり「食事」です。
なので、サプリメントで食欲そのものを抑制するというのは、非常に有効な方法となります。
食べる量を減らせば痩せますから。

でも、食欲抑制系のサプリがどの程度効くかは個人差があります。
あまり期待しすぎずに試してみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする